乳酸菌を知ろう

乳酸菌を知ろう

「乳酸菌はカラダにいい」と言われ、私たちはなんとなく乳酸菌入の食品を摂取していますよね。でもそもそも乳酸菌というのはどういうものなのか、しっかりわかっているかというと疑問です。

 

乳酸菌というのは、その名の通り「菌」です。
自然界に存在する細菌の一種で、微生物と言われるものですね。

 

顕微鏡でなければ見ることも出来ない小さな生物ですが、細菌の中には病気を起こしたり、食べ物を腐らせたりする嫌な菌も存在します。反対に、食べ物を貯蔵出来る発酵を起こしてくれる菌もいて、人間が現代化学をもってしても合成出来ない香りや味を食品にもたらしてくれる菌もあります。

 

その有効な菌の代表的なものが、乳酸菌です。

 

実は、炭水化物などから乳酸を作ることの出来る細菌は他にもたくさんあると言います。でも乳酸菌はその産出量がとても多く、たくさんの栄養源を必要とはしますが効率的に乳酸を作ってくれます。

 

形状にもいろいろあって、球状だったり棒状だったり、一言で乳酸菌と言っても250種類以上の種類がいるのですが、比較的酸素が少ない場所が好きで、運動性がないのが共通した特徴です。

 

細かく見ていくとキリがないほどたくさんの種類の乳酸菌がいますが、実用的に優れた働きをするよう作られた「菌株」はとても重要で、食品産業界では学名よりも株名のほうが有名ですね。

 

乳酸菌による発酵は乳酸発酵と言われていて、人間はそれを応用して昔から自分たちの食品を作っています。チーズやバター、ヨーグルト、味噌、醤油、お酒やパンも発酵食品ですね。ぬか漬けなどの漬物も乳酸発酵のおかげですから、日本人は昔から乳酸菌とはとてもなじみ深い味わいを知っている民族とも言えます。