乳酸菌と乳酸菌生産物質

乳酸菌と乳酸菌生産物質

乳酸菌が腸内で毎日創り出しているのが乳酸菌生産物質です。

 

これは乳酸菌が生命維持活動をしていく中で生み出されるいろいろな物質で、代謝産物とも、分泌物とも言われます。乳酸菌は腸の中で生きていますから、栄養を食べて、代わりに物質を生み出します。

 

この物質が腸内にさまざまな良い効果をもたらす働きを持っていると言われているのです。

 

実は乳酸菌が創り出すこの乳酸菌生産物質が、腸内環境のバランスを取っていると言われています。免疫力を高めたり、排泄を助けたりする健康的な作用は、この乳酸菌生産物質によって行われているというのです。

 

最近乳酸菌生産物質をサプリメントなどで積極的に摂取しようという動きがありますが、乳酸菌そのものを増やす努力と平行して、乳酸菌が創り出す有効な成分を補給しようというのがその考え方です。体外から腸内へ乳酸菌そのものを補給するのが難しいことから、発想が転換された形になりますね。

 

それでも、最近は乳酸菌のサプリメントも開発が進んでいて、一度にヨーグルトを大量に食べるよりも多い乳酸菌を腸内へ届けることが出来るよう開発されたものもありますし、胃酸の影響を受けない植物性乳酸菌などを駆使した製品も発売されています。

 

腸内の環境は一人ひとり千差万別なので、自分の状況にはどの製品が一番合うのかは自分でしか選べません。サプリメントに一緒に配合されている他の成分の影響もありますし、これなら調子が良くなる!と実感出来るものを探したいですね。