乳酸菌とインフルエンザ

乳酸菌とインフルエンザ

驚くような効果が乳酸菌にあるようですが、インフルエンザの防御策として乳酸菌が効果を発揮することが確認されているそうです。確かにヨーグルトなどを食べると免疫力が高まるという話はありますが、重症化すると大変な病気になるインフルエンザにも効果があるというのは、すごいことですね。

 

国立感染症研究所のインフルエンザウイルス研究センターの室長によると、菌の種類にもよりますが、基本的には乳酸菌を摂ることが防御機能をアップさせることは確かなようです。

 

NK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化させることは知られていましたが、最近の研究ではそれに限らず免疫細胞全般の効果を高める乳酸菌も発見されているとのこと。ウイルスに感染しにくくなる身体、もし感染してしまったとしても軽症で抑えられる身体になれれば、こんなに心強いことはありませんよね。

 

研究所では、効果のある乳酸菌を摂取した後の血液には、ウイルスの増殖を抑える力が高まっていたことが研究により明らかになったそうです。すべての菌がそうというわけではありませんが、ウイルスに猛威を振るわれないようにするためには、是非注目したい内容ですね。

 

もちろん手洗いやうがいの徹底や水分補給は欠かせませんが、プラス乳酸菌という選択肢も加えられそうです。

 

ちなみに、インフルエンザの予防接種をしたからと言って、100%かからなく出来るわけではありません。どんな型が流行るかもわかりませんので、基本的頼れるのは自分の体力ということですね。