乳酸菌とアレルギー

乳酸菌とアレルギー

乳酸菌の中には、アレルギーを改善する効果があると言われているものがいくつかあります。アレルギーというのは、アトピーや花粉症、ハウスダストなどの鼻炎などで、これらの症状を緩和することが出来るというのは大きな成果と認められています。

 

ただし、乳酸菌ならなんでもそのような効果があるわけではありません。

 

乳酸菌というのは乳酸を効率よく創り出すことが出来る細菌の総称であり、認められている種類だけでも250種を超えます。その中でほんの一握り、アレルギー症状をやわらげることが出来るとされる抗アレルギー作用を持った乳酸菌は、KW3110株、L-55株、L-92株、ビフィズス菌BB536 といった有名な菌株です。

 

中でも高い抗アレルギー作用があると言われているのはKW3110株です。また、マウスの実験で2週間後の血中IgE抗体の減少が認められたのはL-55株です。

 

アトピー性皮膚炎の症状を緩和させると言われているのがL-92株で、90%の小児に改善が見られたという臨床データもあります。現代医学をもってしてもいまだ決定的な治療法が見つからない病気ですから、少しでも有効な結果が見えるのであれば、積極的に試してみたいですね。

 

アレルギーに効くと言われている乳酸菌サプリがアレルケアというサプリです。もともと、各種のアレルギー反応は大腸内の環境にとても深く関連しているというのは昔から指摘されてきました。

 

免疫力の低下が原因とも言われますので、腸内環境を改善することで感染症などへの抵抗力が上がったり、代謝機能が向上したり、免疫力が強化されたりすることは非常に期待出来る内容ですね。